MENU

肝臓サプリとオルニチン

オルニチンという成分をご存知でしょうか。詳しくは知らないけれど肝臓に良い、二日酔いに効果があるとぼんやり認識をしている人も多いでしょう。

 

 

 

今回はオルニチや肝臓との関係について、なぜオルニチンは肝臓に良いとされているのか、そしてオルニチンが配合された肝臓サプリの効果などを詳しく紹介していきます。

肝臓サプリの多くに含まれているオルチニン

 

オルニチンが、肝臓に影響を与える成分ということは多くの人が知っている事でしょう。これはオルニチンの配合された肝臓サプリが、脂肪肝などの症状に大きな影響を与えることが知られ始めたためです。

素材格差があまりないオルニチン配合の肝臓サプリ

サプリを選ぶときに重要視すべき点として、素材がいかに優れているか、ということがあります。いい素材を使い作られたサプリは、効果も高いということですね。

 

 

 

オルニチンといえば、しじみに含有量が多いことで有名です。が、しじみ自体にはあまり価格差がありません。高級しじみというのも聞いたことありませんしね。

品質が良いものを選ぶ

素材自体にあまり差がないと言われているオルニチンの肝臓サプリ。なので選ぶ基準としては、栄養素が壊れない製造工程をとっているものや、しっかりとした品質管理がとられているものを選ぶと良いでしょう。

オルチニンとは

そもそも、オルニチンとはどのような成分なのでしょうか。しじみに多く含まれている成分、二日酔いに良い‥ということは広く知られていますが、副作用がないかなど不安な方もいるでしょう。まずはオルニチンという成分について、詳しく説明しておきたいと思います。

アミノ酸の一種であるオルニチン

オルニチンは、私たちの体内を巡っている遊離アミノ酸の一種です。アミノ酸といえば、タンパク質を構成する必須アミノ酸や非必須アミノ酸が有名ですが、遊離アミノ酸はタンパク質と結合しないで単独で体内を循環します。

 

 

 

誰の体内の中にも存在している成分であり、常に私たちの体内をアミノ酸の形のまま循環、機能しています。腸で吸収されて肝臓までたどり着き、そこで解毒の働きをするのがオルニチンです。

理想摂取量が多いオルニチン

オルニチンは、私たちの体の中に常にあるものです。しかしその量が常に十分か、と言えばそうではありません。というのも、オルニチンは一日の理想摂取量がかなり多いからです。

 

 

 

一日に摂取する目安としては、大体400mgから1000mgといわれています。オルニチンが豊富だと言われているしじみすらも、100g(約35個)当たりの含有量が10〜15mgといわれています。いったいどれだけ食べればいいんだ…という話になりますよね。

副作用はある?

オルニチンは普段から私たちの体内にある成分…ということで、特に副作用というものは存在しないと言われています。もちろん過剰摂取はよくありませんが、基本的には摂取しすぎても体外へ排出される成分なので安心してサプリメントなどは飲んでください。

オルチニンと肝臓の関係

 

オルニチンは肝臓に良い、という話は有名ですが、具体的にどのように作用するのか、なぜ肝臓にいいとされるのかということまでは知らない人が多いです。オルニチンと肝臓は、どのような関係なんでしょうか。

生体の化学工場・肝臓

肝臓は生体の化学工場と呼ばれるほど、体内で重要な役割を果たしている臓器の一つです。血液に乗って運ばれてきた栄養素の分解・合成・貯蔵・解毒…その全てを肝臓は担っているんです。

 

 

 

しかし同時に、肝臓は沈黙の臓器と呼ばれてもいます。これは肝臓に異常や病気があっても、身体にその症状が出にくいためです。おかしいな、と気づいた時にはもう病気がだいぶ進行してしまっていた…という話もよく聞きます。なかなか症状が出ない臓器だからこそ、普段の生活でしっかりと健康に保っておきたいですよね。

オルニチンとの関係

オルニチンは、上記の内主に解毒の部分に作用する成分です。肝臓で有毒なアンモニアを解毒する一連の流れはオルニチンサイクルと呼ばれており、オルニチンを摂取することでこのオルニチンサイクルの働きを活発にすることができます。

アルコールとの関係は?

飲酒をした後にしじみの味噌汁を…と昔から言われているように、飲み過ぎた後にはオルニチンを摂取すると良いとされています。アンモニアはアルコールを分解する過程で発生する毒素なため、飲酒後は当然体内に多く発生することとなります。

 

 

 

オルニチンを取るとオルニチンサイクルが活性化されるため、毒素をスムーズに排出できます。そのため飲酒後にオルニチンを摂取すると、二日酔いなどになりにくくなるわけですね。

オルチニン配合の肝臓サプリの効果

 

オルニチンのサプリは、ドラッグストアなどにも多く陳列されているのを目にします。果たして効果があるのか?というのは気になるところですよね。果たしてオルニチンの肝臓サプリは、本当に効果があるのでしょうか。

オルニチンの肝臓サプリは効果がある

オルチニンの肝臓サプリを飲んだ人で、効果が実感できたという人は非常に多いです。というのも、普通の生活を送っている人はほぼオルニチンが慢性的に不足しているからです

 

 

 

特に、お酒を飲んだ後にオルニチンの肝臓サプリを飲んだら非常に効果を実感できたという人が、やはり目立ちますね。二日酔いにはオルニチン、というのは昔から知られているだけあって、効果も折り紙付きのようです。

理想量を摂取するのに不可欠

前述しましたが、オルニチンは一日の理想摂取量がとても多いです。そもそも配合されている食材があまり多くないため、食べ物だけで理想量を取ろうとするのはあまり現実的ではありません。なのでオルニチンをしっかり摂取しようと考えたとき、サプリは必要不可欠なものとなります。

おすすめのオルチニン配合の肝臓サプリ

 

オルニチンの肝臓サプリは効果があるという話はよく聞きますが、実際に販売されているものは種類もメーカーも色々ありますよね。ここではおすすめのオルニチン配合の肝臓サプリを紹介したいと思います。

レバリズム

本格成分がギュッと小さなカプセルに凝縮されているレバリズム。オルニチンが豊富なことで知られているしじみエキスが配合されている他、L-シスチンやビタミンB2、牡蠣エキスなど、とにかく肝臓に良い成分が配合されています。

 

 

 

オルニチンだけでなく、こういった他の成分もまとめて摂取できるのがサプリメントの良いところですよね。総合的に肝臓のことを考える方におすすめの肝臓サプリです。

レバリズムの飲み方

1日あたり3粒摂取するサプリメントになります。毎日継続的に飲むことはもちろんですが、オルチニンは空腹時と夜に吸収率が高まると成分です。

 

 

 

なので食後すぐではなく、少し時間が経ちお腹がすいてきたな、というタイミングで摂取しましょう。最も良いのは、夕飯を食べてちょっと小腹がすいてきた就寝前あたりです。

肝臓サプリの中にはオルニチンが入っていないものも

肝臓と言えばオルニチン、という印象があるため、肝臓サプリにはどれもオルニチンが入っているという印象があるかもしれまあせん。ですがこれは、誤りです。

 

 

 

肝臓サプリの中にも、当然オルニチンが配合されていないものもあります。もちろんそれはそれで優れた効果を持つものも多いですが、肝臓サプリ=オルニチン配合というわけではないことは知っておきましょう。

まとめ

 

オルニチンと肝臓サプリについて、詳しく紹介をしてきました。肝臓の働きのためには欠かせないオルニチンですが、とにかく普段の生活では摂取が難しい成分でもあります。

 

 

 

特に飲酒や外食の機会が多いという人はサプリメントなどをうまく利用し、肝臓のために積極的にオルニチンを普段から摂取していくようにしましょう。